自動見積システム 施工可能マップ シュミレータ
  HOME ルーフショップとは 個人情報保護方針 お問合せ窓口 施工事例 よくある質問  
 
屋根のリフォームプラン
葺き替え
対象の屋根材
粘土瓦 セメント瓦
内容
現在の屋根材を剥して廃棄し、新しい屋根材を葺く。
メリット デメリット
・耐震性が向上し、建物自  体の耐久性も向上する。
・地震に対する不安が軽減
・Tルーフなら瓦調 デザインを維持できる。

・葺き替える材料によっては、その後のメンテに費用がかかる。
⇒アンバサダー、T・ルーフなら不要

・新たに葺く屋根材は軽量でなければならない。

重ね葺き
対象の屋根材
化粧スレート 金属系
内容
現在の屋根材をそのまま残し、その上から新たに屋根材を葺く。
メリット デメリット
・葺き替えに比べ施工期間 を短縮でき、費用もかからない。
・廃材、粉塵がでない。
・二重の屋根材となり遮音性、遮熱性が良くなる。
・新たに葺く屋根材は軽量でなければならない。⇒アンバサダー、T・ルーフは、軽量
・屋根下地が傷んでないことが 条件。
塗り替え
対象の屋根材
セメント瓦 化粧スレート 金属系
内容
屋根材の汚れやサビを落としたり埋めて塗装をする。
メリット デメリット
・補修工事が短時間ですむ。
・費用が安い。一般的な住 宅で30万〜40万ぐらいが目安。
・5〜10年毎に塗り替える必要がある。
・継続的な点検、補修が必要なため長期的には費用がかかる。
部分補修
対象の屋根材
粘土瓦 セメント瓦 化粧スレート 金属系
内容
瓦のズレを直したり、割れた瓦を交換したり、漆喰を塗り直す。
メリット デメリット
・補修工事が短時間ですむ。
・補修部分の費用だけで補修が済む。
・屋根上にあがるため、他の部分で補修が必要になる箇所が発生する恐れがある。
・継続的な点検、補修が必要な ため長期的には費用がかかる。
トータルコストの比較
トータルコスト比較表
ご利用ガイド
はじめてご利用の方へ
ご自分で出来る屋根の健康診断
屋根の点検時期について
屋根リフォームのプラン比較
 
製品情報
AMBASSADOR
T・ルーフ
 
お問合せから施工完了までの流れ
施工完了までの流れ
施工店について
 
保証について
製品・施工保証について
 
取扱メーカーについて
トステム株式会社屋根事業部
 
  ROOFTOSTEM
 
お客様コールセンター
  ■TEL : 078-846-4401
   平日: 9:30〜17:00(土日祝休)
 
  ■MAIL : info@rf-shop.net
   
  運営会社
神戸ファッションマートビル 株式会社デジアラホールディングス
〒658-0032
神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート10S-04
URL:http://www.d-a.co.jp/
会社概要
   

ファミリーコンテンツ

当サイトに掲載されているコンテンツの著作権はルーフショップに属します。無断転載・複写を禁じます。